「さらば青春の影よ」の歌詞 森進一

2004/11/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
こらえきれないそら
ゆき
過去かこいていたい
とおはる二人ふたり
かげれる
なんにも いらなかった
ただ きみがいるだけで
さらば青春せいしゅんかげ
夕映ゆうばえに
きみ存在そんざい わすれないように
正解こたえいま
からないけれど
ああ ぼくらは
孤独こどく背負せおって…
たびは まだ
わらない

えんじきれない ふたり
月日つきひはめぐる
このむね きしむように
たたかうことで こころあな
めようとしていた
ただ きみしかった
さらば青春せいしゅんかげ
とおまち
きみ存在そんざい わすれないように
最初さいしょ最後さいご
見果みはてぬゆめ
人生じんせい
だれのためにあるのか…
たびは まだ
わらない

わかれられないくせに
ねじれたわかさで
あいしきれずにいた
たとえ このみらい
えなくなっても
いつも ぼくのそばで
わらってる きみがいた
さらば青春せいしゅんかげ
いと日々ひび
きみ存在そんざい わすれないように
夕陽ゆうひちて
一日いちにちわり
あのから
孤独こどく背負せおって…
たびは まだ
わらない