1. 京都去りがたし歌詞

「京都去りがたし」の歌詞 森進一

1988/5/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
比叡ひえいおろしの
夕暮ゆうぐれは
仕方しかたないほど
あゝさびしくて
ヒュルル ヒュルルと
背中せなかいて
かなしいひと
ささやきになる
まずしいおんなやから
あなたつしか
ようらん
京都きょうと 京都きょうと
あゝゝりがたし

祇園祭ぎおんまつり
宵山よいやまよる
せつないかね
素肌すはだいた
涙集なみだあつめたとき川面かわも
浴衣ゆかたおびながされてゆく
さびしいおんなやから
にくむことなど ようできん
京都きょうと 京都きょうと
あゝゝりがたし

心変こころがわりが
ないでもないと
さんねんざか
部屋へやちます
ヒュルル ヒュルルと
こごえたかぜ
はるとおさを
げてかなしい
まずしいおんなやから
おもだけであたたかい
京都きょうと 京都きょうと
あゝゝりがたし