「冬のリヴィエラ」の歌詞 森進一

1982/11/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
彼女あいつによろしく
つたえてくれよ
いまならホテルで
ているはずさ
いたら窓辺まどべ
ラジオをつけて
陽気ようきうたでも
かせてやれよ
アメリカの貨物船かもつせん
桟橋さんばしってるよ
ふゆのリヴィエラ
おとこってやつ
みなとてゆく
ふねのようだね
かなしければ かなしいほど
だまりこむもんだね
彼女あいつおれには
ぎたおんな
わかれの気配けはい
ちゃんとんでて
上手じょうずにかくした
旅行鞄りょこうかばん
はずした指輪ゆびわ
さけ小壜こびん
やさしさが きりのように
シュロのらしてる
ふゆのリヴィエラ
人生じんせいってやつ
おもどおりに
ならないものさ
いとしければ いとしいほど
背中合せなかあわせになる

かわのコートの
ボタンひとつ
とれかけて
サマにならない
ふゆのリヴィエラ
おとこってやつ
みなとてゆく
ふねのようだね
かなしければ かなしいほど
だまりこむもんだね