「冬の桑港」の歌詞 森進一

1989/1/1 リリース
作詞
荒木とよひさ
作曲
杉本真人
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたのこころから
旅立たびだつならば
おもさえ ついてこない
ふゆ桑港シスコ
見送みおくひともない
夜霧よぎり空港くうこう
硝子窓ガラスまどのむこうがわ
過去かこのこして
あゝ れるほど
いまではわかくないけど
あゝ こんなにひと
いたいくらいあいしたなんて
もうふたりを
つなぎとめる
こころさえ この都会まち
ててゆくから

あしたにかなしみを
れてくならば
なみだこおらせてしまう
ふゆ桑港シスコ
身体からださみしさを
ワインでわせて
ちたりてた
あのだけを ゆめさそって
あゝ やさしくされた
やきつくあいふかくて
あゝ うしろがみひく
むねおもせないけれど
もうふたりを
つなぎとめる
こころさえ この都会まち
ててゆくから
あゝ れるほど
いまではわかくないけど
あゝ こんなにひと
いたいくらいあいしたなんて
もうふたりを
つなぎとめる
こころさえ この都会まち
ててゆくから