1. 恋月夜歌詞

「恋月夜」の歌詞 森進一

1980/8/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あんたのにおいが こいしいよ
かざりも なんにも
いらないよ
ひとりじゃさむかろ
つらかろうと
やさしいこえきたいよ
どこで どうして
いたなんて いいよ
そうさもどってくれりゃ
いいよ
あんたに はじめて
かれたあの
ぼっち ぼっち かえりたい
おんな恋月夜こいづきよ

終電しゅうでんあとの踏切ふみきりは
おんなえるにゃさむすぎる
だれかにそっと 上着うわぎなど
かけてほしい夜空よぞらだよ
どこで どうして
いたなんて いいよ
そうさかおだけれりゃ
いいよ
まつげを ふるわせ
かれたあの
ぼっち ぼっち かえりたい
おんな恋月夜こいづきよ

こころじゃとうにわかれても
身体からだがあんたをんでるよ
おんなかなしい きものさ
うそでもゆめいたいよ
どこで どうして
いたなんて いいよ
そうさつつんでくれりゃ
いいよ
あんたに はじめて
かれたあの
ぼっち ぼっち かえりたい
おんな恋月夜こいづきよ