「悲しみの器」の歌詞 森進一

1995/9/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あふれるほどの
かなしみだから
こぼしてしまえたら
いいのに
ひびわれすぎた
ガラスのこころ
めきれなくて
さけんでる
こんなにとお
はなれているなんて
こんなにつよ
あいしていたなんて
はかなゆめはかなゆめ
ぼくきしめて
はじめていた
はじめていた
ぼくゆめなかで…
こころはいつも
うそをつかない
言葉ことばかなしいほど
あいかたれない

こわれたこころ
ひろいあつめて
両手りょうてであたためて
くれたら
やさしいあめ
る あのおか
しずかにねむらせて
くれないか
こんなにとお
はなれているなんて
こんなにつよ
あいしていたなんて
はかなゆめはかなゆめ
ぼくきしめて
はじめていた
はじめていた
ぼくゆめなかで…
はじめていた
はじめていた
ぼくゆめなかで…