「男の真情」の歌詞 森進一

1982/7/21 リリース
作詞
白鳥園枝
作曲
木村好夫
文字サイズ
よみがな
hidden
このいのちこのいのち
すててもいいと
きながら とりすがる
まえのひとみ
世間せけんのつらいうわさ
背中せなかにうけて
おとこなみだ
かみしめる
しあわせに きてくれ
いとしいひと

人並ひとなみ人並ひとなみ
らせるならば
それだけで しあわせと
ってた おまえ
二人ふたりとおくひきさく
運命さだめがにくい
おとこ旅路たびじ
せつなさよ
ゆるされる ものならば
いたいけれど

わかれても わかれても
こころきずな
むすばれて とこしえに
かれはしない
まえんでくまで
らしたかった
夜風よかぜにさすらう
こいごころ
ひとりく このむね
夕月ゆうづきあかり