1. 男ばなし歌詞

「男ばなし」の歌詞 森進一

1987/2/21 リリース
作詞
星野哲郎
作曲
大野雄二
文字サイズ
よみがな
hidden
おいらひとりが けたって
つきのぼるし 地球ちきゅうまわ
バラは 夕陽ゆうひ
におうだろ
きてるうちだぜ
はなほど
らずとわれても
だれにもできない 一味ひとあじ
もとめていのちやそうよ
おとこはどこかが
ひかりゃいい

ものがあふれて 場所ばしょをとり
義理ぎり人情にんじょう
出番でばんがないと
まちあかりも
いている
っちゃなちから
たばねても どうなる
世間せけんじゃないけれど
まかしてくんなと
しゃしゃり一緒いっしょ
おぼれる ドジも
虫横丁むしよこちょう
花盛はなざか

ドアを一枚いちまい くぐるたび
りがえてく
人間稼業にんげんかぎょう
それを たのしむ
男惚おとこぼ
このにゃおんな
いうものが 楊枝ようじ
かずほどいるものを
わきめもふらずに
どこへゆく もったい
ないよな 恋月夜こいつきよ
たまには しっぽり
れてみな