1. 盛り場ブルース歌詞

「盛り場ブルース」の歌詞 森進一

1967/12/5 リリース
作詞
藤三郎
作曲
城美好
文字サイズ
よみがな
hidden
いてながれて って
いまじゃわたしなみだはな
どこに こぼした
まことのなみだ
さがしたいのよ
銀座ぎんざ 赤坂あかさか 六本木ろっぽんぎ
酒飲さけのむのも なれました
むせるタバコに
あなたをしの
小雪こゆきはらって
今夜こんやもひとり
ってみたいの
洞爺とうや すすきの 定山渓じょうざんけい
ってもえてる このうで
あなたならばと
ひとみをふせる
おもさせる
七夕たなばたよる
こい細道ほそみち
青葉あおば 国分こくぶん 一番町いちばんちょう
けぬわたしがわりに
ついだおさけ
このをぬらす
よるのおしろ
つれないかぜ
かみみだれる
さかえ 今池いまいけ 広小路ひろこうじ

とおあめには すがれない
いっそ明日あした
ないでほしい
すがる こいさん
なみだにぬれて
かえるあてなく
みなみ 曾根崎そねざき 北新地きたしんち
路地ろじのひかげの 小石こいしでも
いつかだれかが
ひろってくれる
ねがいをかけた
チャペルのかね
今日きょうもせつない
薬研やげん 八丁はっちょう 本通ほんどお
グラス片手かたていしれて
ゆめのあの
さけかぶ
ぐちもいます
人形にんぎょうだって
だれがなかせる
中洲なかす 天神てんじん 柳町やなぎまち
ながれたくない ながれたい
あいしたくない
あいしていたい
なにしんじて
きてくおんな
はるはいつくる
渋谷しぶや 新宿しんじゅく 池袋いけぶくろ