1. 襟裳岬歌詞

「襟裳岬」の歌詞 森進一

1973/12/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きたまちではもう
かなしみを暖炉だんろ
やしはじめてるらしい
理由わけのわからないことで
なやんでいるうち
いぼれてしまうから
だまりとおした歳月としつき
ひろいあつめて
あたためあおう
襟裳えりもはる
なにもないはるです

きみ二杯目にはいめだよね
コーヒーカップに
角砂糖かくざとうをひとつだったね
てててしまった
わずらわしさだけを
くるくる かきまわして
とおりすぎたなつにお
おもして なつかしいね
襟裳えりもはる
なにもないはるです

日々ひびらしは いやでも
やってくるけど
しずかにわらってしまおう
いじけることだけが
きることだと
らしすぎたので
身構みがまえながら はなすなんて
ああ おくびょう
なんだよね
襟裳えりもはる
なにもないはるです
さむともだちが
たずねてきたよ
遠慮えんりょは いらないから
あたたまって ゆきなよ