「ひとり暮らし」の歌詞 森高千里

1991/10/25 リリース
作詞
森高千里
作曲
斉藤英夫
文字サイズ
よみがな
hidden
仕事しごとにもつかれて ベットにころがれば ふるさとのそらおも
今夜こんやわたしへんだわ あこがれていたのに ひとりらしの生活せいかつ
テレビもビデオも たくないのよ 今日きょう
まどそとれば あめってるわ
やっぱり田舎いなかかえろうかな

会社かいしゃをやめて とりあえず アルバイトでもして のんびりしたいわ
恋人こいびともいまだに 出来できないし 出来でかそうもない
やっぱり田舎育いなかそだちだから
なじめないんだわ ひとごみに

なかもすいたけど なんにもしたくないの
こんなときに おかあさんいれば
おいしいきんぴらごぼうと にくじゃが べて
世間話せけんばなしでも 二人ふたりでするのに
やっぱり田舎いなかかえろうかな
あこがれてて 両親りょうしんよろこんでくれるし 友達ともだちもいるわ

給料きゅうりょうもいつまでもやすいし 仕事しごとおな
やっぱり田舎育いなかそだちだから ついていけないの
ラララ…… ラララ……
なじめないんだわ
ほんとにこのままの らしじゃ 弱音よわねもはくわ
明日あすなおれなきゃ きっと 田舎いなかかえるわ
もうよう