1. 八月の恋歌詞

「八月の恋」の歌詞 森高千里

1991/6/25 リリース
作詞
森高千里
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
真夏まなつうみえるおみせ
紅茶こうちゃんでさよならしたわ
あのときわかっていたけど
なぜかしらつめあった二人ふたり

最後さいごのキスは わすれられない
あのなつのよう あつくてあわ
八月はちがつ砂浜すなはまかぜつめたい
まるで映画えいがをみているような
きれいな夕日ゆうひ しずんでいった
なつがくれた最後さいごこいのプレゼント

うみからかえくるまなか
わたしはなにもえなかったの
あのときかなしすぎたから
くこともできなかったわたし

最後さいごのキスは わすれられない
あのなつのよう あつくてあわ
なつがくれた最後さいごこいのプレゼント

やさしい日差ひざしのあきがくれば
あなたをわすれられるでしょうか
あのときさよならえれば
おもにできたでしょこい

さよなら 八月はちがつうみ
このこいながしてしまったの