「地味な女」の歌詞 森高千里

1993/5/10 リリース
作詞
森高千里
作曲
斎藤英夫
文字サイズ
よみがな
hidden
まい朝早あさはやきてすぐ
かみあらってブロウする
それだけでつかれる
睡眠すいみん不足ぶそくだな

んだ電車でんしゃられて
たどりいたらくたくたよ
それだけでつかれる
体力たいりょく不足ぶそくかな

九時くじからおひるまでは
あっというぎるけど
ランチをべてからは
毎日まいにち夕方ゆうがたまでがつらいわ

わたし 真面目まじめなのに
どっかなまけものみたい
なにをしてもつかれるの
身体からだでもわるいかな

わたし人好ひとよしだから
イヤとなかなかえない
だから仕事しごとがふえるの
コピーおちゃくみばかり そんしてる

金曜きんようよるはデートする
だけどあのひとセンス
いつもおな場所ばしょ
おな食事しょくじばかり

もっと素敵すてきかれ
つけて結婚けっこんしたいな
出来できればお金持かねもちの
社長しゃちょう息子むすこなんかがいいわね

わたし 真面目まじめなのに
どっか不真面目ふまじめなのかな
おとこはなしになると
つい欲張よくばりになるの

わたし ほらこうえても
とても家庭的かていてきなのよ
派手はでられがちだけど
意外いがい地味じみおんな そんしてる

わたし 真面目まじめなのに
とてもそんしてるみたい
仕事しごと 恋愛れんあいになると
どっかいまひとつなの

わたし ほらこうえても
とても家庭的かていてきなのよ
派手はでられがちだけど
意外いがい地味じみおんな そんしてる