1. 夏の海歌詞

「夏の海」の歌詞 森高千里

1992/3/25 リリース
作詞
森高千里
作曲
高橋諭一
文字サイズ
よみがな
hidden
あのカーブをがると うみえてくるから
ひさしぶりだね 二人ふたりたの
すごい渋滞じゅうたいなか 三時間さんじかんもかかって
やっとついたね ちょっとつかれた

そら青空あおぞら うみはキラキラ はや砂浜すなはま してきたいな

今日きょうくろくなるわ おもいきりやきくわよ
真夏まなつ太陽たいよう そのまましずまないでいて
駐車場ちゅうしゃじょうはあるの? どこも満車まんしゃじゃない
あせってしまうわ どうしてこうなるの
なつうみいのちがけ

ゴミだらけの砂浜すなはま うみよごれているけど
にしていたら たのしめないわ
しろいパラソルさして 手作てづくりのお弁当べんとう
仲良なかよべて サンオイルをぬる

なつみじかい とくに今年ことしは なかなか梅雨つゆけてくれなかったの

今日きょうくろくなるわ おもいきりやきくわよ
真夏まなつ太陽たいよう わたしつよりつけて
そろそろかえろうって むのがイヤなのね
わたしかえらない まだたばかりじゃない
なつうみいのちがけ

今日きょうくろくなるわ おもいきりやきくわよ
真夏まなつ太陽たいよう わたしつよりつけて
だれもいないうみなつたのしみたい
くろになって しず夕日ゆうひるの
なつうみ大好だいすきよ