「渡良瀬橋」の歌詞 森高千里

1993/1/25 リリース
作詞
森高千里
作曲
斉藤英夫
文字サイズ
よみがな
hidden
渡良瀬橋わたらせばし夕日ゆうひ
あなたはとても
きだったわ
きれいなとこでそだったね
ここにみたいとった
電車でんしゃにゆられこのまちまで
あなたはいに
てくれたわ
わたしいまもあのころ
わすれられずきてます
いまでも
八雲神社やぐもじんじゃへおまいりすると
あなたのこといのるわ
ねが事一ごとひとかなうなら
あのころもどりたい
床屋とこやかどにポツンとある
公衆電話こうしゅうでんわおぼえてますか
きのうおもわずかけたくて
なんども受話器じゅわきとったの
このあいだ
渡良瀬川わたらせがわ河原かわらりて
ずっとながてたわ
北風きたかぜがとてもつめたくて
風邪かぜを ひいちゃいました
だれのせいでもない
あなたがこのまち
らせないこと
わかってたの
なんどもなやんだわ
だけどわたしここを
はなれてらすこと
出来できない

あなたが きだと
ったこの街並まちなみ
今日きょうれてゆきます
ひろそらとおくの山々やまやま
二人ふたりあるいたまち
夕日ゆうひがきれいなまち