「男のロマン」の歌詞 森高千里

1993/5/10 リリース
作詞
森高千里
作曲
斎藤英夫
文字サイズ
よみがな
hidden
かれいま一人ひとりきりで アメリカをたびしている
わたしてて旅立たびだった
いくらゆめだといっても 仕事しごとまでめるなんて
理解りかいできないわたしには

つぎからつぎへといろんなまち
マイアミ カンサス ラスベガスと
つぎからつぎへとたびをするのさ一人ひとり
コロラド テキサス アリゾナまでも
鉄道てつどう トラック バスにって
つぎからつぎへとたびをするのさ

ビールにステーキ ポテトにチリドッグ
ジャンクな食事しょくじばかり一人ひとりぼっちのかれ

たまに手紙てがみをくれても アメリカのはなしばかり
わたしのことはかないの?

そのうちきれいな金髪きんぱつむすめ
彼女かのじょにするのがたのしみだわ
ぬまでアメリカたびをしてたら一人ひとり
モンタナ オレゴン アラスカまでも
モーテル 寝袋ねぶくろ ベンチで
つぎからつぎへとたびをするのさ

コーラにチーズバーガー サラダにツナサンド
このみの食事しょくじばかり ふとめになったかれ
ウェスタンバー ジャズクラブにカジノ
このみのアメリカだね たのしくやってるね
かれいま一人ひとりきりで アメリカをたびしている
それがおとこのロマンだと