「銀色の夢」の歌詞 森高千里

1996/11/11 リリース
作詞
森高千里
作曲
伊秩弘将
文字サイズ
よみがな
hidden
さむきたくにいま
もり樹氷じゅひょうがきれいでしょ
いますぐきたまちまで
んでけたなら
りしきるゆき すべてをおお
ひとこころなみだつつんでく
しろゆきのような
やさしさがほしい
なにもかもゆるせる
こころがほしい
あのひとわすれたくて
ひとごみのなかさまよった
まちきぬけるかぜ
むねこおらせる
あませつなく りるゆき
そんなきたくに
あぁして
銀色ぎんいろかがや
けがれなきゆき
きずついたこころ
つつんでほしい
ハガキでつけた
とおきたゆきまち
窓明まどあかりのぬくもり
とってもしあわせそう

りしきるゆき すべてをおお
ひとこころなみだつつんでく
しろゆきのような
やさしさがほしい
かぎりなくひろがる
ねがいはゆめ 銀色ぎんいろゆめ