「トイレの神様」の歌詞 植村花菜

2010/11/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
小3しょうさんころからなぜだか
おばあちゃんとらしてた
実家じっかとなりだったけど
おばあちゃんとらしてた

毎日まいにち手伝てつだいをして
五目並ごもくならべもした
でもトイレ掃除そうじだけ苦手にがてわたし
おばあちゃんがこうった

トイレには それはそれはキレイな
女神様めがみさまがいるんやで
だから毎日まいにち キレイにしたら 女神様めがみさまみたいに
べっぴんさんになれるんやで

そのからわたしはトイレを
ピカピカにしはじめた
べっぴんさんに絶対せったいなりたくて
毎日磨まいにちみがいてた

ものかけたときには
二人ふたりかもなんばべた
新喜劇録画しんきげきろくがそこねたおばあちゃんを
いてめたりもした

トイレには それはそれはキレイな
女神様めがみさまがいるんやで
だから毎日まいにち キレイにしたら 女神様めがみさまみたいに
べっぴんさんになれるんやで

すこ大人おとなになったわたし
おばあちゃんとぶつかった
家族かぞくともうまくやれなくて
居場所いばしょがなくなった

やすみのいえかえらず
彼氏かれしあそんだりした
五目並ごもくならべもかもなんばも
二人ふたりあいだからえてった

どうしてだろう ひとひと傷付きずつ
大切たいせつなものをなくしてく
いつも味方みかたをしてくれてた おばあちゃんのこして
ひとりきり 家離いえはなれた

上京じょうきょうして2ねんぎて
おばあちゃんが入院にゅういんした
せてほそくなってしまった
おばあちゃんにいにった

「おばあちゃん、ただいまー!」ってわざと
むかしみたいにってみたけど
ちょっとはなしただけだったのに
「もうかえりー。」って 病室びょうしつされた

つぎあさ おばあちゃんは
しずかにねむりについた
まるで まるで わたしるのを
っていてくれたように
ちゃんとそだててくれたのに
恩返おんがえしもしてないのに
いいまごじゃなかったのに
こんなわたしっててくれたんやね

トイレには それはそれはキレイな
女神様めがみさまがいるんやで
おばあちゃんがくれた言葉ことば今日きょうわたし
べっぴんさんにしてくれてるかな

トイレには それはそれはキレイな
女神様めがみさまがいるんやで
だから毎日まいにち キレイにしたら 女神様めがみさまみたいに
べっぴんさんになれるんやで

気立きだてのいおよめさんになるのが
ゆめだったわたし
今日きょうもせっせとトイレを
ピカピカにする

おばあちゃん
おばあちゃん
ありがとう
おばあちゃん
ホンマに
ありがとう