「太陽さえ孤独」の歌詞 植村花菜

2007/11/7 リリース
作詞
森若香織
作曲
植村花菜
文字サイズ
よみがな
hidden
永遠えいえんつづしあわせなんて
どこにもないとしたら
永遠えいえんつづかなしみだって
ないはず

つづいたあめ
んだあさ

目覚めざめた太陽たいよう
昨日きのうより綺麗きれい
どこまでもひろがった
あおそら

くしたこいのように
くもひとつないよ
ひか雨上あめあがり
あたらしい
今日きょうはじまる

もとめてばかりで
あいせなかったわたし
孤独こどくだった」

ひとりのさびしさを
わけにしないで

まぶしい太陽たいよう
ひとりでかがやいて
あたらしくひろがった
あおそら

いま あなたのように
つよくなりたいよ
ひか雨上あめあがり
わたしまで
やさしくなれる

必要ひつようちからはいつも
なみだながした そのあとで
まれた

目覚めざめた太陽たいよう
昨日きのうより綺麗きれい
どこまでもけそうな
あおそら

まるで未来みらいのように
くもひとつないよ
ひか雨上あめあがり
見上みあげたら

わらってこう いつも
時々ときどきあめらそう
太陽たいようさえ孤独こどく

わらってこう ずっと
たまにはいていいよ
太陽たいようさえ孤独こどく

わらってこう いつも
時々ときどきあめらそう
太陽たいようさえ孤独こどく