1. 246歌詞

「246」の歌詞 椎名へきる

1998/2/1 リリース
作詞
上野浩司
作曲
上野浩司
文字サイズ
よみがな
hidden
あのころのふたりは
たがいに学生がくせい
あま時間じかん
一緒いっしょ浪費ろうひした

いつでも週末しゅうまつ
たよりないくるま
ピカピカにみがいて
西にしへとかったね

ときには
ときにはけんかもして
たのしかったおも
いま大事だいじ宝物たからものだよ

このみちはしって
このみちかえったね
助手席じょしゅせきわたし
大好だいすきなあなただけ

それからのふたりは
しだいにいそがしく
ぎてゆく時間じかん
自分じぶんのためだけに

すぐちかくにいるのに
こころとおくなって
日常ときながされるまま
えなくなり わなくなったよ

このみちはしって
このみちなみだした
あののふたりには
もう二度にどもどれない

幸福しあわせそうな恋人達こいびとたち
ショーウインドウにうつ人影ひとかげ
やさしかったあなたの笑顔えがお
かさなっては ふとさびしくなる

このみちはしって
このみちなみだした
あののふたりには
もう二度にどもどれない

このみちながくて
あいさえもまよわせた
それでも時々ときどき
あなたをおもさせる