「幸福論」の歌詞 椎名林檎

1998/5/27 リリース
作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎
文字サイズ
よみがな
hidden
本当ほんとうのしあわせを
さがしたときに
あいあいされたいと
かんがえるようになりました
そしてあたしは
きみつよさも
かくしがちなよわさもんで
ときながれとそらいろ
なにのぞみはしないよう
素顔すがおいて わらきみ
エナジイをやす
だけなのです
本当ほんとうのしあわせは
うつらずに
案外あんがい そばにあって
気付きづかずにいたのですが
かじかむゆびもとめるものが
見慣みなれたその
だったとって
あたしはきみ
メロディーやその
哲学てつがく言葉ことば すべてを
まもためならすこくらい
する苦労くろう
いとわないのです

ときながれとそらいろ
なにのぞみはしないよう
素顔すがおいて わらきみ
そのままをあいしているゆえ
あたしはきみ
メロディーやその
哲学てつがく言葉ことば すべてを
まもとおします
きみ其処そこきていると
いう真実しんじつだけで
幸福こうふくなのです