「歌舞伎町の女王」の歌詞 サントリー ザ・カクテルバー ミモザ クラッカー篇 CMソング 椎名林檎

1998/9/9 リリース
作詞
Shena Ringo
作曲
Shena Ringo
文字サイズ
よみがな
hidden
せみこえたび
かぶ九十九里浜くじゅうくりはま
皺々しわしわ祖母そぼはな
一人ひとりおとずれた歓楽街かんらくがい
ママは此処ここ女王様じょうおうさま
うつしのようなあたし
だれしもがべて
子供こどもながらに
せられた歓楽街かんらくがい
十五じゅうごになったあたしを
いて女王じょうおうえた
毎週金曜日まいしゅうきんようびてた
おとこらすのだろう
一度栄いちどさかえしものでも
かならずやおとろえゆく」
その意味いみときむか
あしれたは歓楽街かんらくがい
えてったおんな
にくめどなついま
女王じょうおう肩書かたがきを
ほこらしげにかかげる
Oh Ho Mm・・・

おんなったあたしが
るのは自分じぶんだけで
同情どうじょうほっしたとき
すべてをうしなうだろう
JR新宿駅しんじゅくえき
東口ひがしぐちたら
其処そこはあたしのにわ
大遊戯場だいゆうぎば
歌舞伎町かぶきちょう Oh Oh Oh・・・
今夜こんやからはまち
むすめのあたしが女王じょうおう