「警告」の歌詞 椎名林檎

1999/2/24 リリース
作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎
文字サイズ
よみがな
hidden
あさおとずれを微塵みじんかんじないよる
やみがこのさき日本にほんかんがえるのか
TVテレビ溜息ためいき時計とけい滅多めっためない
なにがこれ程迄ほどまでむなしさをぶのだ?

あなたの部屋へや留守番電話るすばんでんわ近頃ちかごろまめにはたらいているの 何故なぜすこしもにならないのよ
ばしたかみ意味いみないから

言葉ことばあなめても みたたされるはずなど
れぬまま はさみさが
あなたはすべてをあたしがっちゃってもかない…

なつたのは実在じつざいしないひとだった
さむくなる迄知までしらないであいしてしまった
今頃いまごろになってから「全部演ぜんぶえんじていた」なんて
受話器越じゅわきごしにかれたってこっちがきそう

あなたがあたしだけんでてもいく素敵すてきいていても ときすで遅過おそすぎるのよ
こたえる努力どりょくもしないから

うみ又訪またおとずおもそうとある
なみめることよりは たやすいとかんじるのに
あたしの気持きもちは何処どこったってもどらない…

うそはつき つかれるもの」あなたはそうわらうが
間抜まぬけなあたしをはじめ 不可能ふかのう人種じんしゅ
上手うままえすすめずに不器用ぶきようたおれるなら
がる道具どうぐひとつ たないでんでくわ
殺意さついだけ仕舞しまったら あたしは最後さいごのいま
機械きかいようあま馬鹿ばかにしないで」っていたい…