「いばらのみち」の歌詞 椿屋四重奏

2010/5/26 リリース
作詞
中田裕二,松井五郎
作曲
中田裕二
文字サイズ
よみがな
hidden
あいなんからないよ
ゆめだっててたんだ
それよりもしいものを
このつかるだけさ

わらいたいやつには
わらわせておけばいい
いつかきっとひざまずいて
わせのあいうのさ

いてしいのに
こわれてしまうなら
つみいたみも めるよ
だれのためでもなく

いばらのみちだって
味方みかたはつけないよ
なみだから まれわった
かわいそうな わたしさよなら

玉飛たまとって
夢中むちゅう
野原のはら とても綺麗きれい
しばらくひとりながめていた

何故なぜむねいたくなる
どうしよう どうしよう
こころ くるしい
なんだか なんだか
孤独こどく無性むしょう
せまって せまって
うなされるけど
はいはなのように
何度なんど目覚めざめて

だましだまされ
このがあるなら
してせない 傷痕きずあとさえ
だれのものでもない