1. ブランケット歌詞

「ブランケット」の歌詞 椿屋四重奏

2010/8/4 リリース
作詞
中田裕二
作曲
中田裕二
文字サイズ
よみがな
hidden
裸足はだしのふたりが 春風はるかぜにはしゃぎながら
ながいグレーのふゆ
かすようにってた

ぼくはまだ子供こどもあやつりきれない気持きもちを
ただ力任ちからまかせに
げつけてきずけたんだ

あいなどいつだって
かんでえるような
気休きやすめだとおもってた

つたえたい言葉足ことばたりないよ
えないよるせつないよ
どうして何気なにげなく手渡てわたせない
きみしかないのに ねえ

ないのにね

わりのきかない きみをかたどるバランスは
だれにもつくれない ぼく頭抱あたまかかえてしまうよ

あいなどいつだって
ひろってれるような
ごまかしだとおもってた

つたえたい言葉足ことばたりないよ
えないよるせつないよ
どうして何気なにげなく手渡てわたせない
きみしかないのに

つたえたいことばかりあって
簡単かんたんにまとまらないよ
こうしていつもどおりからだあずけて
きみからつつまれていたい

つつまれていたい