「ロンサム」の歌詞 椿屋四重奏

2010/8/4 リリース
作詞
中田裕二
作曲
中田裕二
文字サイズ
よみがな
hidden
しんじたものが すぐにこわれて
れてしまうしかすべがないのさ

すくいのうたなげきのうた
きっとぼくじゃない やつらのうた

んだベッドのなか
出口でぐちさがした
息苦いきぐるしさですぐにめて
無駄むだぎたとき

ぼくらはそう 孤独こどくそらかげにひとり
くして
暗闇くらやみ静寂せいじゃくえないように
いのりかきあつめて

きみだけが おも明日あしたはただのゆめ
ゆめじゃないのか
今朝けさもまた はじまりかた
まだなにもおさまらない

色鮮いろあざやかに えてしまうのは
うつくしさよりみにくさばかり

きずついたふりは したくないけど
かなしい言葉ことばひと

んだベッドのなか
夜空よぞらさがした
かがやほしはここにえがくのさ
だれもいない ぼくだけの宇宙うちゅうかれ

もう一人ひとりぼく
おまえはてき味方みかただけど
うたが以上いじょうしんじてた

だれもがそう 孤独こどくそらかげにひとり
膝抱ひざかかえて
おもうようにひかりへとせずに
よる彷徨さまようのさ

きみもまだ れないくつあるいてる
たとえ毎日まいにち
あわようにはじけてえても
あしめないでくれよ