1. 幻惑歌詞

「幻惑」の歌詞 椿屋四重奏

2011/3/23 リリース
作詞
中田裕二
作曲
中田裕二
文字サイズ
よみがな
hidden
ときわれわすれてはさがした
あの日君ひきみえたまぼろし

かるはずみにおぼえたのは
誘惑ゆうわくにも目配めくば
がらのままでいたから こわくはない

使つかれた裏切うらぎりの刃先はさき
やがてきみ自惚うぬぼれをころした

あか口紅くちべにかくした ささやかな少女しょうじょ記憶きおく
無自覚むじかくきみ素肌すはだれたい

ただぼくらは れるだけの身体からだ
たがいにせ そのきずった
かなうならば むねがすようなおもいを
びついたそらおどらせてみたかった

たすけなどばない はじめからそのつもり
琥珀こはくなかにある息絶いきたえたかがや
だれかのこえがして いつかのゆめれて
けれどえらべなくて

むねうちとどめたのは かなしみがうつくしいから
まだらせずにぼく
いまなげ

ただぼくらは れるだけの身体からだ
たがいにせ そのきずった
かなうならば むねがすようなおもいを
びついたそらおどらせてみたかった

つよきしめて いたともな程強ほどつよ
きみのぞむそのわりがるのなら