1. 恋わずらい歌詞

「恋わずらい」の歌詞 椿屋四重奏

2011/3/23 リリース
作詞
中田裕二
作曲
中田裕二
文字サイズ
よみがな
hidden
夕暮ゆうぐれのふくをまとって 三日月みかづきしたにしゃがんだ
えの代物しろものこい力尽ちからつきたはずのこころ
さかって くるなみそべった
まるめててられないこいが すりれたままにころがった

くちびるぬぐいながら あやまちの後始末あとしまつ
うまく片付かたづけられぬままで 無駄むだにもつれ影絵かげえ

このままじゃげきれずに すべうばわれてしまう
あたまひびおもらないくらいにおもえた

うつむいては ころした
いとしさにくされて あやつられたこころのぞどお

夕暮ゆうぐれのふくをまとって 三日月みかづきしたにしゃがんだ
えの代物しろものこい力尽ちからつきたはずのこころ
さかって くるなみそべった
まるめててられないこいが すりれたままにころがった

しのなかにしようか そとにしようか くちすか やめるか
ねがいさ すこわらって せめてものすくいをのこして

その言葉ことばさからわずに
いとしさにくされて あやつられたこころおもどお

くれない夕焼ゆうやけがにじんで あるがままのきみさらした
まだなずけられないこいおどりながら秘密暴ひみつあばいた
生温なまぬる感触かんしょくにすがって そのおくすべらせていった
なすすべなくゆだねるこいすべてのがねはずした

容易たやすれないこいが またおれなかでちらついた