1. 流星群歌詞

「流星群」の歌詞 椿屋四重奏

2010/8/4 リリース
作詞
中田裕二
作曲
中田裕二
文字サイズ
よみがな
hidden
かんじたままにつたえて
きみとれていた景色けしき

月明つきあかりの部屋へや
おなようつくりのあいかさ

手繰たぐせるようにぼく
きみのそのひとみには

だれかのにした奇跡きせきではなくて
きみだけがよろこびがうつってた
ぼくのぞむのはそれだよ

見上みあげた夜空よぞらかがやきをして
やわらかなひかりきみつつんでく
それがなによりも綺麗きれいだった

こころすでにほどけて
自在じざいたがいをつないだ

ちても気付きづかずに
かりもけないほど夢中むちゅう

ときにとらわれるぼくのそばで
きみなにもいとわず

もとめるだけうそのようで
はじめからあるはずないと
わらばしごまかしては
あきらめてたけど

だれかのにした奇跡きせきではなくて
きみだけがよろこびがうつってた
ぼくしいのはそれだよ

ふたりで夜空よぞらおよいだ
星屑ほしくずのしぶきを身体からだびてひかってる
それがなによりも奇麗きれいだった

だれかのにした奇跡きせきではなくて
きみだけがよろこびがうつってた
それがなによりも奇麗きれいだった