1. red blues歌詞

「red blues」の歌詞 椿屋四重奏

2010/8/4 リリース
作詞
中田裕二
作曲
中田裕二
文字サイズ
よみがな
hidden
もとめてしまうのさ
あかはだまちけずられ
いくつもくしたけど

かならずつかまえて
おれにからみつくむなしさに
花添はなそえてやすのさ

いまひびおんな台詞ぜりふ
えらくむねにもたれて
後味あとあじわるいぜ

みちさがつね我関われかんせず
時代じだいさくかこわれ
ならばされないように

仕掛しかけてかわされて
がらくたのなかゆめあさり
えた野良犬のらいぬのように

わすれてしまいたい
まえからだくし
このふさいでくれよ

さみしげなつき溜息ためいきれた
よるおれゆるしてくれる
言葉ことばわさず ただまかせて
ぶつけあう

たたけるような 雨音あまおとがわめいて
グラスにわずかなウイスキー
して寝転ねころ

口先くちさきばかりで ったようなかおした
あいつらはうそだらけ
指図さしずなどけない

気安きやすさわるなよ
おれ辿たどいたこたえに
きずひとつつけるなよ

孤独こどくたわむれて
なにわらない白黒しろくろ
砂利道じゃりみちかぜ

もとめてしまうのさ
あかはだまちけずられ
いくつもくしたけど

かならずつかまえて
おれにからみつくむなしさに
花添はなそえてやすのさ

たたけるような 雨音あまおとがわめいて
グラスにわずかなウイスキー
して寝転ねころ