1. 女友達代表歌詞

「女友達代表」の歌詞 榊原郁恵

1985/5/21 リリース
作詞
ダ・カーポ
作曲
ダ・カーポ
文字サイズ
よみがな
hidden
本日ほんじつはとても
日柄ひがらもよく
本当ほんとうにおめでとう
あなたがってた
理想りそうひととほどとおいけど
どこで妥協だきょうしたのか
どこに
しびれちゃったのか
どちらがはやまったのか
らないけど
美人番付びじんばんづけじゃわたしほう
ふたつもうえ
見合みあいのかず
あなたがたし
みっつおおくて
あなたがいたから
安心あんしんしてたのに
うっかり油断ゆだんして また
つのせき
花嫁はなよめレースにちょっと
おくれて(せいいっぱい)
今日きょうはあなたの
友人代表ゆうじんだいひょう(まけおしみ)
私今わたしいまねむれるもり美女びじょ
だけどいつか
ウエディングベル

結婚けっこんばかりが
おんなにとって
しあわせではないと
なにさ同盟どうめい
ジャンヌダルクは
そもそもあなただった
結婚けっこんなんて なにさ
おとこなんて なにさ
そうさけんでた
あなたが・・・・・・ なにさ!
学生時代がくせいじだい仲間なかまなら
このテーブルは
花嫁候補はなよめこうほのライバル同士どうし
火花ひばなちらして
さきにどうぞの
笑顔えがおはポーズよ
昨日きのうとも今日きょうてき
花嫁はなよめレースに ちょっと
おくれて(しゃくだけど)
今日きょうはあなたの
友人代表ゆうじんだいひょう(あせっちゃう)
私今わたしいま披露宴ひろうえんのマドンナ
だけどいつか
ウエディングベル
スピーチはみじかめが
いいけれど どうか
わせて これだけは
今日きょうのあなたは だれよりも
どんなときより きれいです
どんなときより
きれいです