「螺旋の記憶」の歌詞 榎本くるみ

2007/5/16 リリース
作詞
榎本くるみ,MOR
作曲
榎本くるみ,MOR
文字サイズ
よみがな
hidden
なぜこのゆび心締こころしめつけられるたびに
わたしのこののどを 時間じかんかけてつぶしてくのだろう
この記憶きおく欲望よくぼうたしつづけるがために
一瞬いっしゅんあいすべきひと名前なまえさえもわすれられるのだろう

でもつみ背負せおうことを のぞんでなどない
悪魔あくまのゆくえを わたしゆるしている

いつからこんなにこわくなったの
ひかり目指めざすべきことが
何度罪なんどつみかさつづけても
このこころこわれないこともわかっているのに

気付きづけばわりをねがって はじまりをころしてた
裏返うらがえしの言葉ことばでしか たしかめられないきずなはからんでいく
わらないかがやきがあることは しんじられないでいるけど
ずっとずっとわたしまえから えないでいてほしい

あいだけがいまからでも おそくないこと気付きづかせてくれるのか
こころ世界せかいまれたあかしとして

たしかなものがなんなのか
わからなくなるほど きずつけっても
このえるものも えないものも
さわれないこころあいせたら

おろかなうみおぼれたときだって
かすかなのぞみかばってこれたのは
それでもきずなつないでいてくれたから

おさなころからおそれてた
くらうみおぼれてしまうこと
それでもがれるこころまもっていきたい
さがしていきたい

いくつかの出会であい ひとつひとつ
わたしわたしであるための
奇跡きせきだと気付きづいていきたい

これ以上自分いじょうじぶんころさないように
これ以上心いじょうこころ ころさないように