1. RAINBOW DUST歌詞

「RAINBOW DUST」の歌詞 榎本くるみ

2006/10/18 リリース
作詞
榎本くるみ,MOR
作曲
榎本くるみ,MOR
文字サイズ
よみがな
hidden
かがやいてるひとるとイライラして まえることすらわすれてしまう
あいせない自分じぶんみとめてくれる この場所ばしょからられない

つばさのないことはってた だからぶことはあきらめてた
かさなったあきらめがおもすぎてまってる

わりをこわがってはじめることも 出来できずにいたこころちかった

雨上あめあがりのれたまちにじかすんですぐにえた
えがいていたあこがれや理想りそう現実げんじつににじんでいろあせたけど
そうだこころけるにじ何度なんどでも くりかえし七色なないろ

さきのことばかりになって もどれないはずのみちなのにすすめないでいる
まえ一歩いっぽふみだすことが これからのみちなんだ

うそついてることはってた だけど自分探じぶんさがしとこころかばってた
とおすぎてとどかないのなら 不器用ぶきようでもいまえがきたいな

ひとりじゃないとあまえていた ひとりの自分じぶんちかった

ならぶビルのこうの あおそらうイメージで
人混ひとごみにまぎれそうな自分じぶんささえながら みとめながら
かぜはなのように れながら わらえればいい

りにしたこころれようとしてみたら
ここにいるよと すこしだけわらってた

雨上あめあがりのみずたまりに しろくもれていく
えがききれなかった未来みらいにじこころにあるから このにあるから
いつかててきたゆめつづきは 何度なんどでも くりかえし七色なないろ