「ほんの少しだけ」の歌詞 槇原敬之 feat.KURO from HOME MADE 家族

2015/2/1 リリース
作詞
槇原敬之/KURO
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
あのとききやんでくれないきみ
なんてったかぼくおぼえている
下駄げたのそばにはれたヨーヨー
でもきみ突然とつぜんしたのは
べつ理由りゆうだった

人混ひとごみの中手なかてをつないだ
はぐれないように きみたぐりせた
不安ふあんそうに ぼくかお見上みあげては
おもわず可笑おかしくてふきだした
あの縁日えんにちかえみち れるまち
びたふたつのかげたち
はしゃぐぼくたちにられておどってるようで
なんだかすごくみょう
でもきみといるとすべてが色付いろづ
そうれるものるものが息衝いきづ
ささやかなしあわせに気付きづける
きみ大切たいせつなにかをってる
だからその笑顔えがおくもらないように
ぼくたすけられてるように
いつかあの夕日ゆうひなみだれたら
きみよりすこつよくなるから

ほんのすこしだけってて
つよくなるまでってて
かなしませるものの半分はんぶんでも
ってやれるくらいつよくなるから
ほんのすこしだけってて
いつになるやらって やっと
ほんのすこきみわらってくれたっけ

ほんのちょっぴりでいいんだぼくきみより
ほんのちょっぴりでいいんだぼくきみより
すこしだけつよくなれればそれで
そのちょっぴりできっときみすくわれて
ぼくすこしのあいだヒーローになる
"a little bit" それで笑顔えがおあふれるね
れる にぎぼく すごくほこらしげ
だから今日きょうだけはちょっとまかせて
きみよりつよくなる"ほんのすこしだけ"

あれからなんねんもたった今日きょうにも
おな縁日えんにち二人ふたりでやってきた
きみなかれずにあるヨーヨー
ぼくら いくらかは
しあわせにかえたのかもしれない

たとえきみべても
ぼくめてしまう 自分じぶんよわさを
それでもしゃがんできみめんかう
いまぼくなに出来できるのか きっと

かなしみのなかひそよろこ
よろこびのなかひそかなしみ
かんがえることえる意味いみ
さがしながら二人ふたりごした日々ひび

ほんのすこしだけ きみより
つよくなりたいんだ きみより
やさしいきみにつけこんでくる
やつらもたまにはいるからね だから
ほんのすこしだけ きみより
つよくなりたいんだ きみより
きみ笑顔えがおにするのは
ほかのだれでもなくぼく役目やくめなんだ

だれよりぼくきみのために
だれよりぼくきみのために
すこしだけつよくならなきゃダメで
ほんのちょっぴりの勇気ゆうきしぼって
ぼくきみだけのヒーローになる
"a little bit" それで笑顔えがおあふれるね
れる にぎぼく すごくほこらしげ
だから今日きょうだけはちょっとまかせて
きみよりつよくなる"ほんのすこしだけ"

ほんのすこしだけってて
つよくなるまでってて
かなしませるものの半分はんぶんでも
ってやれるくらいつよくなるから
ほんのすこしだけってて
つよくなるまでってて
たせたとおもえば約束やくそく
やぶれてしまう
まるでちたヨーヨーのよう

ほんのちょっぴりでいいんだぼくきみより
ほんのちょっぴりでいいんだぼくきみより
すこしだけつよくなれればそれで
そのちょっぴりできっときみすくわれて
ぼくすこしのあいだヒーローになる
"a little bit" それで笑顔えがおあふれるね
れる にぎぼく すごくほこらしげ
だから今日きょうだけはちょっとまかせて