1. うん歌詞

「うん」の歌詞 槇原敬之

1996/10/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
たがいにかたちみたいなモノが
なければダメなころもあった
なにだれかのこころささえに
なるかわからない
ずっとまえぼくのキーホルダーから
もってったやつを大事だいじにつけてる
ちっぽけだけど これでもぼくなんだと
ってらしてせた

25さいとしからきゅう
一年いちねん一年いちねんはやいよね
あまりどこにもれてけなかった
もうちょっとだけってろよ

ほかにはなにわないで
きみが「うん」ってえたから
百回ひゃっかいきとわれるより
うれしくなった
ほかにはなにわないで
ぼくも「うん」ってえたから
ほら世界せかい一番いちばんみじかい I love you

梅雨つゆすこしだけ
つぎなつ予告よこくをするよう
紫陽花あじさい垣根かきねまえぼくらは
ちいさなキスをした

綺麗きれいになりたいとおもうこと
これからもわすれずにいるから
恪好かっこういいおじさんになるよう頑張がんばってよ]
鼻先はなさきゆびれる

ほかにはなにもいらないから
ずっとぼくのそばにいて
うれしい気持きもつたえるのは
ちょっと下手へただけど
ほかにはなにもいらないよ
こんな気持きもちははじめてだよ
どんなとおくにいってももうひとりじゃない

大事だいじなことはいつも
平凡へいぼん場所ばしょにうずくまって
ぼくらにづかれるのを
じっとってる

ほかにはなにわないで
きみが「うん」ってえたから
百回ひゃっかいきとわれるより
うれしくなった
ほかにはなにわないで
ぼくも「うん」ってえたから
ほら世界せかい一番いちばんみじかい I love you