「きみと生きたい」の歌詞 槇原敬之

2014/1/22 リリース
作詞
大江千里
作曲
大江千里
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしまないで きみをめないで
真面目まじめきてるのになやまないで
はげしさだけのわかさはいらない
無口むくちなほど情熱じょうねつかんじるから

きみという夕映ゆうばえを
いたむくらいきしめたら
これから もうあるけない
きみなしじゃ きてけない

ひじがあたるとビールがゆれる
みたかみ前後ぜんごにふるえている
さびしさだけをまぎらすために
あいすることをだれうばえない

きみと朝焼あさやけが
こんなふうにはげしいなら
これから もうはなせない
きみだけにわがままでいる

きみにえてから本当ほんとう孤独こどく
やさしさにあるとったよ
きみにえなくて夢中むちゅうきたら
ぼくはまえよりなくしてばかりいる

いつも肝心かんじん
正直しょうじきじゃないきみがきさ
これから もうすすめない
きみなしじゃ きてけない