1. さよなら小さな街歌詞

「さよなら小さな街」の歌詞 槇原敬之

2002/11/7 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
おまえはだめだとわれてばかりで
だれにももういたくなくて
このまち一番いちばんたか煙突えんとつ
ぼくのぼってしまったんだ
こわごわした見下みおろしてみたら
あしきゅうふるえだして
梯子はしごをぎゅっとにぎりしめなおして
ぼくかおげてみた

そしたら
このまちがどんなにちいさなまち
まれてはじめてった
このまちのそとにおおきなまち
あることもはじめてったんだ!

夕焼ゆうやそらまりながら
きらきらひかおおきなまち
今夜こんやぼくたびよう
きよならぼくちいさなまち

やっとたどりいたおおきなまちには
ぼくおどろくことばかり
いろんなひとといろんなかんがえに
まちはあふれていたんだ
さっそくぼく自分じぶんのやりたいことを
このまちはじめてみたよ
こころにうそをきながらもう
きなくてもいんだ

そしたら
あのちいさなまちひとたちが
駄目だめだとっていたことで
よろこんでくれるひとたちが
このまちにはたくさんいたんだ!

夕焼ゆうやぞらまりながら
きらきらひかっていたあのまち
今夜こんやこのときおなじように
ぼくもきらきらかがやいてる

ちいさなまち片隅かたすみ
ちいさなことにくよくよしてるなら
おおきなまち勇気ゆうきして
きみんでみればいい

そうさ このぼくみたいに