「てっぺんまでもうすぐ」の歌詞 槇原敬之

1992/6/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
日曜日にちようび遊園地ゆうえんち
上手じょうず夕暮ゆうぐれをつれてくる
さんざん ぼくらをはしゃがせて
かえ時間じかんわすれさせる
最後さいごった観覧車かんらんしゃ
ゆっくり ぼくらをそらはこ
しずけさにこまってをやれば
ゴンドラは 恋人同志こいびとどうしばかり

しっかりしろよ
今朝けさからずっと
こころにきめてたのに
冗談じょうだんぽくをつなぐのが
せいいっぱいなんて…

"すここわいね"
"でもキレイだね"
いまぼくには
なん意味いみもない
言葉ことばばかりてくるよ

このまえのデートのとき
かえりの電車でんしゃ きみかた
まわしそびれたでずっと
すりってたことおも
もうすぐ一番高いちばんたか場所ばしょ
景色けしきをふたりめできるのは
ほんのすこしのあいだだけ
ぼくきみ名前呼なまえよんだ

ふりかえった
きみほほ
ずっとにぎりしめてた
ふるえてるのひらあてて
そっとそっと KISSキスをした

"きみきだよ"
"とてもきだよ"
100回以上ひゃっかいいじょう
ってもりないほど
おもいをめて

これからもずっとね