「どうしようもない僕に天使が降りてきた」の歌詞 槇原敬之

1996/9/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
いきおくしまったドアで
いあがったまくら羽根はね
今夜こんやはついに彼女かのじょ
おこらせてしまった
むかし恋人こいびとのくれた
目覚めざまし時計どけい
何度言なんどいわれても ずっと
使つかったのがらない

した彼女かのじょなか
チクタク まるで時限爆弾じげんばくだん
ちかくのちがいない
いますぐ いかけよう

はしきみかみで シャツで
れるたくさんのしろ羽根はね
いっぱい道路どうろちてる
"本当ほんとうさがしてほしい"
はしぼくかみで シャツで
れるたくさんのしろ羽根はね
きみはきっとどうしようもない
ぼくりてきた天使てんし

ってもうすぐ1年いちねん
ずいぶん仲良なかよくなったから
キスしたって きしめたって
挨拶あいさつみたいにおもってた
やっぱりつけた
きみはなんだか他人たにんみたいに
ぼくにおじぎをしてみせた
"あい勘違かんちがいしないでください"って

きみ両手りょうてをそらにげて
目覚めざまし時計どけいんでいった
まるでだれかを見送みおくるように
そっと微笑ほほえんで

まだきみかみで シャツで
れるたくさんのしろ羽根はね
こわれた目覚めざましよりもっと
いたかったきみ気持きも
時々ときどき 天使てんしぼくらに
悪戯いたずらをしておしえるよ
だれかをあいするためには
もっと努力どりょく必要ひつよう

まだきみかみで シャツで
れるたくさんのしろ羽根はね
こわれた目覚めざましよりもっと
いたかったきみ気持きも
まだぼくかみで シャツで
れるたくさんのしろ羽根はね
きみはきっとどうしようもない
ぼくりてきた天使てんし
(りてきた天使てんし)

かえったら部屋へや掃除そうじ
ぼく全部ぜんぶやるから
一緒いっしょかえろう…