「どんなときも。」の歌詞 槇原敬之

1991/6/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼく背中せなか自分じぶんおもうより正直しょうじきかい?
だれかにかなきゃ 不安ふあんになってしまうよ
旅立たびだぼくために ちかったあのゆめ
ふるぼけた教室きょうしつの すみにおきざりのまま
あのどろだらけのスニーカーじゃ せないのは
電車でんしゃでも時間じかんでもなく ぼくかもしれないけど

どんなときも どんなときも
ぼくぼくらしくあるために
きなモノはき!」と
えるきもち きしめてたい
どんなときも どんなときも
まよさがつづける日々ひび
こたえになること ぼくってるから

もしもほかだれかを らずにきずつけても
絶対ぜったいゆずれない ゆめぼくにはあるよ
"むかしかったね"と いつもくちにしながら
きてくのは 本当ほんとういやだから
えたいくらいつら気持きも
かかえていても
かがみ前笑まえわらってみる まだ平気へいきみたいだよ

どんなときも どんなときも
ビルのあいだ きゅうくつそうに
ちて夕陽ゆうひ
あせ気持きもかしてこう
そしていつかだれかをあい
そのひとまもれるつよさを
自分じぶんちからえてけるように

どんなときも どんなときも
ぼくぼくらしくあるために
きなモノはき!」と
えるきもち きしめてたい
どんなときも どんなときも
まよさがつづける日々ひび
こたえになること ぼくってるから