1. まだ見ぬ君へ歌詞

「まだ見ぬ君へ」の歌詞 槇原敬之

1996/10/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
かあさんは余計よけいことして
見合みあばなし ちかける
自分じぶんおもうよりも もっと
さびしそうにえるらしい
いまごろ未来みらい恋人こいびと
どこでなにをしてるやら
サボテンもコーヒーメーカーも
「まだかよ」っておこってる

とりあえず

まだきみおもって
ラッシュにもまれたり
まだきみおもって
部屋へや掃除そうじしてみたり

自分じぶんのためだけにきるには
時間じかんはちょっとながくて
最近さいきんぼくは こんなふう
ごしています

ふる友達ともだちとこのまえ
んでたときわれた
「おまえの理想りそうってひょっとして
たかすぎるんじゃない?」って

「そうかもね」ってその場所ばしょ
わらってごましたけど
きみ出会であうためにまれて
たといたいだけ

ばかだけど

まだきみおもって
をよくみがいたり
まだきみおもって
いぬをシャンプーしてみたり

一緒いっしょにいるのにさびしく
なるようなこいはもういいよ
あいのようなものじゃなくて
あいぼくしいから

まだきみいまぼく
がんばって はたらいてる
まだきみいまぼく
がんばって あそんでいる

一緒いっしょにいるのにさびしく
なるようなこいはもういいよ
あいのようなものじゃなくて
あいをあげたいから

あいのようなものじゃなくて
あいをあげたいから