1. キミノイイトコロ歌詞

「キミノイイトコロ」の歌詞 槇原敬之

2000/11/29 リリース
作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA
文字サイズ
よみがな
hidden
自転車じてんしゃさかをすり
ひとあふれるスーパーをぬけてく
むねのポケットに音楽おんがく
片手かたてにははな

きみから電話でんわがかかってきた
今日きょう天気てんきとかをはなした
このうつくしき日常にちじょう
きみこいをしてる

よろこばせたりよろこんだり
きずつけたり いたり
言葉ことばおもうよりも
あばれてしまうから

きみいところは わない
内緒ないしょにしておく
だけどおなじようなことを
出来できるようにするから

ぼくいところもわないで
内緒ないしょにしていてよ
なにはからないできみ
よろこばせたいから

ひとひとりじゃきていけない」
もしもこれが本当ほんとうならば
あいされるための努力どりょく
してもいいけれど

だれかをよろこばせようとして
ぬすんできたはなをあげても
はながかれるよりもさき
あいはかれてしまう

よろこばせたりよろこんだり
きずつけたり いたり
言葉ことばおもうよりも
あふれてしまうから

きみいところをまねして
わらってくれたら
そのときはじめてけよう
おしえたのはきみだと

ぼくいところをまねして
ぼくわらったら
そのときはじめてけて
おしえたのはぼくだと

きみいところは わない
内緒ないしょにしておく
だけどおなじようなことを
出来できるようになるから

ぼくいところもわないで
内緒ないしょにしていてよ
なにはからないできみ
よろこばせたいから