1. ズル休み歌詞

「ズル休み」の歌詞 槇原敬之

1993/10/1 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
かえみちのコンビニには
なんでも そろってるけど
二人ふたりをもとにもど接着剤せっちゃくざいはないらしい
日曜出勤にちようしゅっきんから つかれてもどるぼく
一人ひとりぼっちのつまった ふくろ片手かたてにドアあける
留守電るすでん点滅てんめつ 四件よんけん友達ともだちこえ
のこりのひとつはいったい
なんべば ぼくすくわれるの?
ひとかならだれかに あいされてるとえるよ
だって ぼくいまでもきみ
とてもとてもきだから

明日あした月曜日げつようび 会社かいしゃをズルやすみして
すいたコーヒーショップで
おなかいっぱいべよう
煙草たばこをとりして
ぼんやりしてるうちに
ウエイトレスがカップと
気持きもちまで全部片ぜんぶかたづけて
いそがしさになんか けないこいだとおもってた
あのとき 雑誌ざっしについてた
うらないなんてうそだとおもっていた
恋人こいびといまいなくても いるとどうかうそをついて
ぼくも「しあわせでよかったね」と
うまくうそをつくから
ぼくだれかをさがすよ それはきっときみのためだよ
たとえばかみるように かたえられない
ひとかならだれかに あいされてるとえるよ
だってぼくいまでもきみ
とてもとてもきだから
ひとかならだれかに あいされてるとおもいたい
きみのことおもうように ぼくもいつかあいされたい