「ゼイタク」の歌詞 槇原敬之

2012/10/24 リリース
作詞
NORIYUKI MAKIHARA
作曲
NORIYUKI MAKIHARA
文字サイズ
よみがな
hidden
きみ旅行りょこう間留守番あいだるすばん
ひさしぶり一人ひとり贅沢ぜいたく
たまった映画観えいがみまくって
人目気ひとめきにせずいてわらって
きなきょくスピーカーでらし
うたいまくってちょっとおどったりして
一人ひとりになってしたかったこと
もはや2日目ふつかめでやりくす

昔持むかしもってなかったもの
全部ぜんぶある きみだけいない
ただそれだけで
心許こころもとなくなってくる

ぼくさびしくて狼狽ろうばいする
きみがいないよる狼狽うろたえる
くちをつけた煙草たばこ
苦笑にがわらいするベランダ
ここかららしても
出逢であったあのちいさくかすんで
えないほどながあいだ
ぼくきみきてきた

「これいいよね?」「面白おもしろいよね?」
美味おいしいよね?」「けるよね?」
最後さいごちいさな「ね?」を
えることはしあわせなことで
たずねたこともすっかり
わすれたころにそのちいさな「ね?」の
返事へんじけるということは
もっとしあわせだとおもった

かおぬままわる
きみかんじてきてるんだな
だからこんなにいま
心許こころもとないんだな

ぼくさびしくて狼狽ろうばいする
きみがいないよる狼狽うろたえる
くちをつけた煙草たばこ
苦笑にがわらいするベランダ
ここかららしても
出逢であったあのちいさくかすんで
えないほどながあいだ
ぼくきみきてきた

一人ひとりごす贅沢ぜいたく結局けっきょく
こんなふうきてしまうのさ
夜空よぞら煙草たばこ螺旋階段らせんかいだん
ためいきよのぼっていけ!
ここかららしても
出逢であったあのちいさくかすんで
えないほどながあいだ
ぼくきみきてきた

きみそばにいることはそう
きることの贅沢ぜいたく