「ビオラは歌う」の歌詞 槇原敬之

2010/6/30 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
ビオラがなくてもきっとなにもわらないさ
そうみんなでわらさきはじまった練習れんしゅう
でも!
何故なぜかいつものように調子ちょうしなくて
なやむみんなを指揮者しきしゃ訳知わけしがおわら

おくれてきたビオラたちあわてる足音あしおと
うえにつんとタクトがあがる
「さぁみんなそろったもう一度いちど

そしてオーケストラはたからかにうた
いつもの調子ちょうしだれもが素敵すてきおとかなでる
目立めだたないビオラの調しらべはだれかのため旋律せんりつ
それをたよりにしていたことにみんな気付きづいた

とり空高そらたかくへとはこえないかぜのように
ほしかがやかせてせるくら夜空よぞらのように
だれかのため必要ひつよう自分じぶんになれること
かんじられるしあわせがあるとおしえるように

ビオラはうた

ビオラはうた