1. モンタージュ歌詞

「モンタージュ」の歌詞 槇原敬之

1997/10/29 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
あのさかのぼれば
あのコがはたらいてるみせ
友達ともだちにつきあっただけ
ぼくのワードローブじゃない
ひとめみたとき
ぼくまれてはじめて
自分じぶんみみあかくなっていく
おといた

こいをするつもりなんて
これっぽっちもないときに
かぎってこいがやってくる

おもしてみる
きみがどんなかおだったか
こおりついてたこころ
ドアをあっけなくひらいたきみ
やかし半分はんぶん
友達ともだち調しらべに
よけいにうまくかない
きみのモンタージュ

理屈りくつならべて
すべてにこたえをさがして
方程式ほうていしきのないものは
あまりこのみじゃなかった
それなのにいま
ふとしたはずみでやってくる
わけのわからないむね
いたみをたのしんでいる

こいをしているのかも
本当ほんとうはわからないけど
もう一度君いちどきみいたいんだ

おもしてみる
きみがどんなかおだったか
使つかかたわからない
カメラでとったピンぼけ写真しゃしん
友達ともだちのレジを
横顔よこがおだけでは
やっぱりうまくかない
きみのモンタージュ

ぼくのハートをぬすんだ犯人はんにん
電車でんしゃ二駅ふたえきのところで
今日きょうわらってる