「三人」の歌詞 槇原敬之

1992/6/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
びっくりするほど ちっぽけな
カバンひとつで5月ごがつあめ
ぼく東京とうきょうまちにおりた
心細こころぼそくは なかったよ
すこ年上としうえのルームメイトと
その彼女かのじょぼく
らしていたから
まだ彼女かのじょがいないころ
まよなかにおおきなヴォリュームで
Doobieドゥービー のライブをよくきいたね
そして彼女かのじょがやってきて
まるで2人両親ふたりりょうしんのように
夜遅よるおそぼく
っていたっけ

彼女かのじょはデザイナーをめざし
かれ心優こころやさしいエンジニア
そしてぼくだれかのために
うたい、きていくことをめた

ぼくもあれから
2回目にかいめしをして
なんだかんだとつらいことも
たくさん あるけれど
そんな自分じぶん
一番助いちばんたすけてくれるのは
あの三人さんにんごした
たのしいおもなんだ

1年いちねんすこったあと
あたらしい いそうろうがきたと
われてすこさびしくなったけど
そいつはおおきなみみ
ながいヒゲのかわいいトラネコ
ほっとしたぼくかれった

『あの家売いえうりにしてたんだ
もうすぐいてがきまるらしい
だからちかいうちにあそびに
おいで』
すこむねくるしい…~

さよなら ぼく
一番いちばんはじめの東京とうきょう
三人分さんにんぶんおも
つめた 宝箱たからばこ
ぼくわらないよ
ビアガーデンに約束やくそく
まだ はたしてないからどうか
安心あんしんしておいて