「僕の今いる夜は」の歌詞 槇原敬之

2008/11/19 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
真夜中まよなかめたら
このよる中自分なかじぶんだけ
のこされたような
孤独こどく気持きもちになった
一人ひとりほうがいいさと
あれほどっていたくせに
つけっぱなしのラジオのこえ
しがみつくこころ

おもたくしたリクエストの
うたがスピーカーからなが
この部屋へやをゆっくりとたしてゆく
ぼくまどそと

えないけれどおもいをせたうた
いくつもこの夜空よぞらまわってるんだ
ぼくいまいるよる孤独こどくよるなんかじゃない
だれかが何処どこかでだれかをおもやさしいよるなんだ

このラジオの電波でんぱ
おもいとおなえない
でもどうしてひとおもいを
ぼくしんじられないんだろう
だれかが元気げんきでいるように
そういのってくれているから
こうして何事なにごともなく
いられるのかもしれない

だれかへのおもたくした
うたがまたながれる
ひとおもいのかずだけのうたよるたしてく
ぼくはまたまどそと

えないけれどおもいをせたうた
いくつもこの夜空よぞらまわってるんだ
だれかをこんなにも必要ひつようとしてしまうのは
ぼくだけじゃないとったとき 孤独こどくえた

明日あしただれにとっても
素晴すばらしいになるといいな
ぼくはまたまどそとつめる
ラジオからながれるこえきながら

えないけれどおもいをせたうた
いくつもこの夜空よぞらまわってるんだ
ぼくいまいるよる孤独こどくよるなんかじゃない
だれかが何処どこかでだれかをおもやさしいよるなんだ

だれかが何処どこかでだれかをおもやさしいよるなんだ