1. 僕の彼女はウエイトレス歌詞

「僕の彼女はウエイトレス」の歌詞 槇原敬之

1991/9/25 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
(One! two!
three! four!)

留守番電話るすばんでんわのメッセージ
バイトの途中とちゅう
みみにしたのが
二人ふたりいた
最初さいしょきょく
きゅうこえきたくなって
オーダーとるのも
わすれるよう
きみこまってしまうほど
大好だいす
火曜日かようびはポストにかぎ
れて仕事しごとかう
ねむそうなきみ出迎でむかえる
よるのためにぼく頑張がんば
Wow wo・・・
きみ笑顔えがお理由わけ
もうひとえるなら
今降いまふしたあめだって
ぼくはやましてみせるよ
しあわせの記憶きおく
わすれないでいれば
二人ふたりねが永遠えいえん
かならはい

ぼく彼女かのじょはウエイトレス
れないレジを
たたく姿すがた
ぼくはまだ
たことはないけど
ひく冷蔵庫れいぞうこしゃがみんで
つめたいビールさがしている
横顔よこがおぼくだけの
ポラロイド
日曜日にちようびすこ早起はやおきして
市場いちばかけよう
ひとごみをかきわけながら
大事だいじなぼくらの夕食ゆうしょく
さがそう
あのはじめての Kiss の
こえそうなドキドキも
二人ふたりかみ
おなかおりになるよる
ずっとわからなかった
数学すうがくこたえみたい
ぼくきみ出会であったのは
もう偶然ぐうぜんじゃない
きみ笑顔えがお理由わけ
もうひとえるなら
今降いまふしたあめだって
ぼくはやましてみせるよ
しあわせの記憶きおく
わすれないでいれば
二人ふたりねが永遠えいえん
かならはい
あのはじめての Kiss の
こえそうなドキドキも
二人ふたりかみ
おなかおりになるよる
ずっとわからなかった
数学すうがくこたえみたい
ぼくきみ出会であったのは
もう偶然ぐうぜんじゃない