1. 優しい歌が歌えない歌詞

「優しい歌が歌えない」の歌詞 槇原敬之

2004/4/28 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
かかえたくるしみはだれのせいと
ひとをひどくめるまとはずれを
何度なんど何度なんどりかえして
くるしみはまえよりえるばかり

おなじページをめくりすぎた
ほんのように日々ひびは すりれて
自分じぶんなか以外いがい
もうすべはなくなってしまってた

そこでぼくたしかにたんだ
すべてをひとのせいにして
だれでも平気へいききずつけるような
もうひとりの自分じぶん
こころのなかあばれながら
ぼくをぼろぼろにするのを

はじめて のぞいたこころなか
たこともない暗闇くらやみ
ぼくは とてもこわくなって
何度なんどあしがすくんだ

なつうように
日陰ひかげつくろうとおおきくなり
葉曇はぐもちいさなかげ
おろものにもけてくれる

めるつもりなどいというように
葉音はおとうたうたってくれる
ひとまれたはずのぼくやさしい
うたひとつもうたえない

たとえ なに出来できなくたっていい
せめて これからきるときに
おなじようなことかえして
だれかをまたきずつけぬよう
こころのなかをどんなときも
つめられるつよ自分じぶんになりたい

はじめてのぞいたこころなか
あんなやみつつまれていたのは
自分じぶんをかばうぼく
ひかりさえぎっていたからだ

この気持きもちさえ身勝手みがって
おもいといまわかるけど
本当ほんとうにすまないことをしたと
いますぐあやまりにきたい

葉曇はぐも背中せなかすように
突然とつぜん つよかぜいて
がるとぼく
5月ごがつみちひかっていた

やさしいうたぼくにも
うたえそうだ